フクシアの花

富士国際花園のフクシアです。フクシアはアカバナ科の植物で、原種は中南米からニュージーランドにかけて分布します。古代インカで「女王様の耳飾り」と呼ばれたアンデスの名花です。ドイツ人の医者で植物学者の レオンハルト・フックス(L.Fuchs, 1501-65) にちなんで名付けられました。


画像
K10D&DA☆16-50mmF2.8{IS}SDM

画像
K10D&DA☆16-50mmF2.8{IS}SDM

画像
K10D&DA☆16-50mmF2.8{IS}SDM

画像
K10D&DFAマクロ100mmF2.8

画像
K10D&DFAマクロ100mmF2.8

今日はここまでです。

デジタル一眼レフペンタックスフォーラム
http://dslr-p-forum.com/xoops1/modules/yomi/rank.php?mode=r_link&id=152
にほんブログ村 写真ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっとこ
2008年03月27日 21:55
今晩はとっとこです
富士国際花園は2年前に行って来ましたとてもいい所ですフクシア
はいろんな種類があって奇麗でした フクロウの演技があったりインコがてに乗ってきたり、思い出が蘇りました
写真がとてもいいです。
2008年03月28日 21:15
とっとこさん。こんばんは。
2年前に行かれたのですね。普通の植物園とは違ってなかなか面白い所ですね。フクロウの調教は凄く面白く新鮮でした。フクロウは頭の良い鳥の様ですね。インコは、たかられるのが怖くて敬遠してしまいましたよ。
野鳥の方は夏鳥が渡ってくるまでの間は端境期ですが、桜や他の花で楽しめますね。私の場合は、野鳥専門と言う訳ではなく、季節に応じて色々なものを好き勝手に被写体にしていますので、また違った楽しみ方をしようと思っています。週末は桜三昧になりそうです。

この記事へのトラックバック