ハイイロチュウヒ

写真の出来・不出来は別にして、今シーズンはラッキーな事に、ハイイロチュウヒと出会う機会が多いです。
今回は、昨年さんざんお世話になった利根川下流域のポイントに出かけて見ました。
実は今シーズンもこのポイントには数回行っていますが、今までは遭えず・撮れずでした。
今回もあまり期待せずに他の鳥を見に行くついでに帰りに立ち寄りました。
着いて30分が経過した15時過ぎ頃低空で近づいて来ました。カメラマンは私一人だけ、こちらを見据えながら飛んでくるハイチュウと一対一で向き合いました。今回はカメラの設定も上手く行った様で、AFポイントを61点自動選択にしてもピン抜けがありませんでした。カメラ設定だけではなく、ここが撮りやすいポイントであると言う事なのでしょう。
AIサーボの設定は今回は下記でした。(備忘録)
・AFモード AI サーボ AF
・AFカスタム設定ガイド機能 Case 6
・被写体追従特性 -2
・速度変化に対する追従性 1
・測距点乗り移り特性 1
・測距エリア選択モード 自動選択

一連の連射シリーズからアップします。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


この後、遠くに飛んで行きました。
画像


今日はここまでです。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ryu
2017年03月09日 21:03
お~
連射連射、時間帯も良いようで堪らないですね。
これで背打ちが入れば、満点ですね。最後に行きたくなりました。
2017年03月09日 21:42
ryuさん。こんばんは。
タイミングが合えば背打ちもイケる感じですね。
ここは柵も葦も無いので、ダイレクトに向き合える所が良いです。
田起しで餌のネズミ等が出てきている様ですので、以前よりは出が良さそうです。
ここは葦焼きは無いので、今月いっぱいは居てくれそうです。参戦をお待ちしてます。

この記事へのトラックバック